ブログ

2021-09-19 18:04:00

日本人と外国人のトレーニングに対する意識の違い

S__2769095.jpg

 

これが全て正解というわけではありませんが日本人と外国人のトレーニングやダイエットに関する考え方・意識の違いをご紹介致します。

 

日本人→体重計の数値ばかり気にする

外国人→見た目を重視、中には見た目が全てだと言う方も。

 

日本人→食べることで罪悪感を覚える

外国人→食べたなら運動をすればいい(罪悪感はなく、トレーニングをするというエネルギーに変える)

 

日本人→楽して痩せたい

外国人→トレーニングをして心身共に強くなりたい

 

外国人の方に憧れる日本人は多いと思いますが、こんなにも意識・行動に差があればそれこそ憧れに近づけることなく憧れのままで終わってしまいます。

このようになってはいませんか?

 

外国人の方はこのような意識の上にさらに、健康に対しての意識も高いため日々運動、トレーニングを続けているのです。

それがアクティブで楽しい毎日を過ごす秘訣に繋がるのです。

 

 

楽して手に入れたもの気が付けばなくなっています。

ですが積み重ね、苦労して手に入れたものは長く残ります。

 

まずは少しづつでいいので意識改革を行いましょう!

2021-09-14 18:43:00

ジム・フィットネスに関する意識・実態調査【新型コロナウイルス関連】

全国20~59歳女性、約3万人を対象に行われた調査結果。

ではありますが対象外の年齢の方や男性の方でも多くの方が当てはまるのではないかと思います。

まずは

・運動不足・コロナ太りを感じている人の割合になります。

S__3145913-.jpg

 

このように約8割が運動不足と感じており、約4割がコロナ太りを感じているという結果になりました。

想像以上に多いと感じていたのではないでしょうか。

それとは逆に私と同じように約2割もしっかり運動しているのか!素晴らしい!そして約6割もコロナ太りしていない人がいるのか!と驚いた方もいるのではないでしょうか。

運動不足が約8割、運動不足ではない人が約2割

コロナ太りが約4割、コロナ太りしていない人が約6割

この差はいったい何でしょうか?

たらればや言い訳を言わず健康に気を遣っているかいないかだと思います。

でも今からやってもなー。という方がいるかもしれませんが決して遅くはありません!

ジムで運動をする、ジョギングをする、自宅でトレーニングをする、ご自身に合った好みの方法で構いません!

今からでもぜひ運動を始めてください。

 

・ジム・フィットネスの効果・満足度

S__3145915-.jpg

 

堂々と当たり前と言いたいところですが、なんとパーソナルジムが最も効果の満足度が高いのがわかります。

たしかに当ジムでも効果はもちろん出ますがそれ以上に、会話が楽しいから来るのが毎週の楽しみと言っていただけることも多いです。

運動は辛いものというより楽しいと思っていただけていることをとても誇りに嬉しく思います。

あとは一人ではできないからという面でも人気は高いのかと思います。

 

・最後に

このように実際に図や数字で見ると面白い結果ですね!

運動は健康面でもとても大切ですが、勘違いしてはいけないのは健康だから運動しなくていいのではなく、運動をしているから健康ということです。

そこで人生を変えたいのであればパーソナルトレーニングをオススメします。

パーソナルジム選び方については一番最初の投稿(7月15日)を御覧ください。

2021-09-12 18:38:00

運動と生活習慣病

images1.jpg

 

一定の筋力を保つことで生活習慣病にかかりにくくなり、筋トレで死亡リスクを減らし生活の質を高めることができます。
糖尿病などをはじめとする生活習慣病にかかりにくくするためには、以下に示すように筋力を高める必要があります。
・筋力の測定法はいろいろありますが、どの筋力測定値でも、ほぼ平均以上の筋力値を有する人の総死亡リスク(生活習慣病を含む多くの病気による死亡率)が減少します。

・骨粗しょう症や転倒による骨折の予防という観点からも、一定の筋力を維持することは重要です。

・筋力・筋量は加齢により低下します。

・総死亡や骨粗しょう症に伴う骨折のリスクの減少が、ほぼ筋力の平均値以上で見られることから、筋力を現在の日本人の各年代における平均値以上に保つことが重要です。

また、介護予防という観点を含め、活発な生活習慣(速歩き、階段や坂道上り)や筋力トレーニングを行うことは、100歳まで生活の質(QOL=Quality of Life)を高く維持するために必要です。
自分の筋力レベルに合わせて無理のないトレーニングを行いましょう。

2021-09-10 18:10:00

やってはいけないダイエット法

お腹.jpg

有酸素運動だけでダイエット、食べ物・食事を減らしてサラダのみ、または有酸素運動と食事はサラダのみ

このようなダイエットはお勧めできません。

理由
・たんぱく質が少ないので筋肉が減る
・有酸素運動のやりすぎは脂肪だけではなく、筋肉も分解されるため、さらに筋肉を減らしてしまう
・カロリーを消費しにくいカラダになってしまう
・有酸素運動をするとお腹が減る

暴 食

リバウンド

体重はもとに戻ってしまい筋肉はもとより減っている

ということが起こってしまいますので、しっかりたんぱく質など栄養も摂り、適度なトレーニング、運動を行いながらダイエットを行いましょう!!

2021-09-08 23:38:00

経営者や会社などで地位が高い人、できる人ほど筋トレや運動を行っている

images5.jpg

 

当ジムの会員様でもそうですが、プライベートで関わる方でも経営者や会社での地位が高い人、仕事のできる人ほど健康体への意識が高く、筋トレや運動への意欲があります。

理由
・過去に身体を壊し、健康な身体こそ一番大切だと気付いている。
・健康を失えば全てを失うと気付いている。
・身体は資本であり、健康が資産だと知っている。
・身体が変われば人生が豊かになると知っている。
・保険営業のトップ営業マンになるような方の場合、第一に見た目も中身も自分自身が健康体でなければならないと思っている。

など他にもありますが、5つの例をご紹介させていただきました。

仕事の為、恋愛の為、理由は何でも構いませんが、ダイエットや肉体改造など筋トレや運動を行うことはどのジャンルにも適応し人生を変えてくれます。

より良い人生を送るためにはある程度の運動はすることをオススメします。

1 2 3 4